税理士紹介会社の口コミ・評判 > 税理士にお悩みの方へ > 相続税対策は非常に重要!

相続税対策は非常に重要!


相続税対策を行うにあたって基本的な事

会社を経営するにあたっては相続税も大きな問題となりますが、基本的に相続税というのは定められているものです。
そのため、もしも相続が発生してから対策を取りたい!と思って無理になります。

したがって、相続税対策を行う場合は会社を立ち上げる段階から出来るだけ早めに対策を考えるのがポイントです。
さらに相続税は現金払いのみしか出来ないので、納税を行う時は自分で必要な現金か預金を用意しないといけない事も覚えておきましょう。

早めの対策が重要なのは不動産などの物件を現金に変換する事は簡単にはいきませんし、焦って売ろうしたら買いたたかれてしまうケースもよくあるためです。

相続税対策にあたっては節税は当然、相続人同士で争いが起きなうようにする事もポイントなのです。
そうするには、例えば遺産は分けやすいようしておく事で予め現金や預金に変えておくのが良いのです。

相続税を申告するのには期限も定められていて、原則として被相続人が死亡した事を知った次の日から十ヶ月以内になります。
そのため、期間内までに必要な書類を準備しないといけないので自分一人では結構大変です。
そこで、税理士にサポートをお願いするのがオススメで税理士の仕事には相続税対策を行ってくれる内容もあるのです。

相続人を増やして対策!

相続税と言うものは基本的に累進課税の段階税率となっているので、1人当たりに分け与える額を少なくさせて低い税率区分に当てはめる事で納税額も減らす事が可能です。

さらに、相続人が1人増える度に基礎控除額は1000万円追加される事になっています。
そのため相続人数を増やせば増やす程、相続税は減らす事が出来るような仕組みになっています。

そこで相続税対策としてよく考えられるのが養子縁組の制度を利用して相続人を増やす事で養子縁組を行う事によって相続分は細かく分けらる事になるのです。

基本的に養子縁組は複数人可能で何人でも問題ありません。
相続税法だと実の子供がいる場合では養子は何人いようが一人という扱いになって1000万円が加算されるのです。
しかし、実の子供がいない人の場合は2人まで認められる事となり、基礎控除額も2人分として2000万円になる事を覚えておきましょう。

相続税対策についてもっと知りたい方はこちらのサイトへ

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士にお悩みの方へ

税理士紹介会社の口コミ・評判